MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆今週は代講のクラスが多くなります!

皆様こんにちは! MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)事務局です。

今日はひな祭りですね♪大人になってから改めてデパートの売り場などでお雛様を見ると、段飾りの華やかなもの以外にも、お内裏様とお雛様のみのシンプルなもの、立雛、木彫りや陶器でできたものなどなど…個性的であったりお顔立ちがとても美しかったりと趣が異なり面白いものですね。

最近はスペインの高級陶器の会社、リヤドロ(Lladró)からも素敵なお雛様が出ていたりして(とても高価ですが…)、文化の融合だなぁ…と感じます。

リヤドロと言えば、メゾンの受付カウンターの端にこんなお人形がいるのに気付かれた方はいらっしゃいますでしょうか?メゾンのオープニングのときに、ある方がプレゼントしてくだったものです。

f:id:mbma:20140303124038j:plain

リヤドロからは沢山のバレリーナのお人形が出ていますが、実はこちらは、リヤドロのシスターブランドの’NAO’のもの。製法やお顔立ち、上品な色使いは本家とほぼ同じです。

火曜日と木曜日の橘バレヱ学校青山クラスにいらっしゃるお子さん達も、館内のこうしたお人形やトウシューズモチーフの置物に興味深々で、目を輝かせてご覧になっています^^

さて、本題に入らせていただきますが、今週のメゾンは代講の多い週となっております。理由は、今週末に迫った牧阿佐美バレヱ団の「三銃士」公演(詳細はこちらをご覧ください。)のリハーサルのため、キャスティングされている先生方がレッスンにいらっしゃれないためです。

以前の記事(http://mbma.hateblo.jp/entry/2013/12/04/211935)でも書かせていただいたことがありますが、バレエのレッスンでは、「普段と違う先生」に習うことで、意外な発見をできることが多々あります!

「慣れていない先生だと緊張してしまう。。。」というお声も聞きますが、先生の方はどんな生徒さんに教えるのも慣れたベテランですので、どうぞ臆せずに、色々な方のレッスンを受けてみられてください!

今週代講となりますのは、

3/5()
16:30-17:00(バレエストレッチ)
(通常担当:笠井裕子先生 代講:諸星静子先生
17:00-18:30(ポアント)(通常担当:笠井裕子先生 代講:諸星静子先生
18:40-20:10(中級)(通常担当:坂西麻美先生 代講:高田麻名先生

3/6()
18:40-20:10
(初級)(通常担当:吉岡まな美先生 代講:橋本尚美先生
20:10-21:40(ポアント)(通常担当:吉岡まな美先生 代講:橋本尚美先生

3/7()
16:30-18:00
(初級)(通常担当:坂西麻美先生 代講:高田麻名先生
18:00-18:30
(ショートポアント)(通常担当:坂西麻美先生 代講:高田麻名先生

です。

どの代講の先生も、通常メゾンでクラスをお持ちいただいているか、または過去にも代講や特別クラスで来ていただいたことのある先生ばかりですので、受講者の皆様にもお馴染みでしょう!

是非、この機会に新たなヒントを見つけてみてくださいね!

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/)