MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆牧阿佐美バレヱ団公演「ドン・キホーテ」(6月14日(土)16:00開演および15日(日)15:00開演)のご案内

皆様こんばんは! MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)事務局です。

初夏のように暑い連休の狭間、いかがお過ごしでしたでしょうか?

本日は、当スタジオが公認を得ております牧阿佐美バレヱ団の6月公演「ドン・キホーテ」のご案内をさせていただきます。

ドン・キホーテ」と言えば、スペイン人作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説で、「ラマンチャの男」という演劇作品などにもなっていますが、なんといってもバレエの作品としてあまりにも有名です!スペインらしい華やかな色使いの舞台装飾レオン・ミンクスの心に残る楽曲場ごとに印象がガラリと変わる場面構成などすべてが魅力的で、特に主役の女性が32回転のフェッテを行うグラン・パ・ド・ドゥは、ガラ公演の演目として、またコンクールや発表会の作品としても目にする機会が大変多いですよね。

バレヱ団の公式HPのトップページ画像も、この華やかな舞台を象徴するパ・ド・ドゥのシーン。見ているだけで音楽が聴こえてくるようでワクワクします!!

f:id:mbma:20140502213152p:plain

以下、公演の公式フライヤーの表裏(フライヤーはメゾンご来館の皆様に漏れなくお渡ししております。)と、バレヱ団Webサイトよりご紹介文です。

f:id:mbma:20140502213315j:plain
f:id:mbma:20140502213338j:plain

「舞台はまるでスペインの町が現れたような鮮やかさ。活き活きとユーモアたっぷりに描かれる「ドン・キホーテ」の物語は世界中の観客を惹きつけてやまない人気の演目です。カスタネットのリズムで踊る粋な闘牛士と女性たち、ドン・キホーテの夢ではクラシック・バレエならではの幻想美が広がり、主役カップルは華麗なジャンプやリフト、高度な回転技で客席を大いに沸かせます。スペイン情緒あふれるダイナミックな舞台をお楽しみください。」

続いて、同じくバレヱ団の公式HPよりストーリーをご紹介いたします。物語のおさらいをしましょう。

f:id:mbma:20140502213446j:plain

バレヱ団公式のプロモーション・ビデオも公開されていますのでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=rpMhzu4R74U

今回の主役はダブルキャストで、6/14(土)はキトリが新進気鋭の日高有梨さん、バジルが安定感抜群の菊地研さん15日のキトリは、来たる6/14(土)5/6(火・祝)にメゾンにおいて特別クラス(詳細はこちら)をご担当いただきます、プリンシパル青山季可さん、バジルは正確で美しいテクニックの持ち主、清瀧千晴さんです。

また注目すべきは、メゾンで年末に特別クラスをお持ちいただき、普段はご自身のスタジオで後進指導に励まれる田中祐子さんが、酒場の踊り子役で団公演に復帰されることです!祐子さんの大人の踊り、見逃せません!

その他、当スタジオの講師陣から主に、奥田さやか先生(隔週火曜日18:45-20:15(入門)および20:15-21:45(基礎)担当)、笠井裕子先生(毎週水曜日16:30-17:00(バレエストレッチ)、17:00-18:30(バー&ポアント90)および隔週水曜日20:10-21:40(初級)担当)、小橋美矢子先生(特別クラスおよび代講担当)、保坂アントン慶先生(毎月約1回、土曜日の16:30-18:00(初級)および18:00-19:30(パ・ド・ドゥ(アダジオ)入門)(次回は5/10(土)開催予定)担当)、茂田絵美子先生(毎週土曜日12:00-13:30(基礎)担当)、吉岡まな美先生(隔週火曜日18:45-20:15(入門)および20:15-21:45(基礎)、毎週木曜日18:40-20:10(初級)および20:10-21:40(バー&ポアント90)、毎週土曜日16:30-18:00(初級)および18:00-19:30(ヴァリエーション)担当)、米澤真弓先生(特別クラス担当)(五十音順)、その他多くの先生方が出演されますよ!!!豪華ですね!!!

以下、公演の概要です。

タイトル

ドン・キホーテ(全3幕)

日 時

20146 14日(土)1600開演、15日(日)1500開演

会 場

ゆうぽうとホール
品川区西五反田8-4-13 TEL.03-3494-1840

出 演

キトリ:日髙有梨(14日)、青山季可15日)
バジル:菊地研(14日)、清瀧千晴(15日)
街の踊り子:伊藤友季子
エスパーダ:京當侑一籠(14日)、中家正博(15日)
ジプシーの女:吉岡まな美 ほか

スタッフ

指揮:アレクセイ・バクラン
演奏:東京ニューシティ管弦楽団
総監督:三谷恭三
演出・振付:アザーリ・M・プリセツキー、ワレンティーナ・サーヴィナ(プティパ、ゴルスキー版に基づく)
作曲:レオン・ミンクス
美術・装置:川口直次 衣装:川口弘子

チケット

S10,800円 A8,600円 B6,400円 C4,300円 A席ペア15,000円(税込)

発 売

クラブ・デ・シャルドン会員:320日(木)1000より発売
一般:327日(木)1000 より発売

主 催

公益財団法人橘秋子記念財団

チケットは上記概要に掲載されているバレヱ団窓口のほか、当スタジオでも扱っており、全席会員様価格でお求めいただけますので、ご希望の方は事務局受付までお申し付けください。

お申込み、お待ちしております。

バレヱ団公式ホームページURL http://www.ambt.jp/perform.html

牧阿佐美バレヱ団ダンサーズブログ(Asami Maki Ballet Hotline)http://www.lightacorner.com/ambt/

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/)