読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 「入門コース」が終わったらどこへ行く?

皆様こんばんは!牧阿佐美バレヱ団・橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局です。

6月もあとわずか。日に日に陽射しが強くなり、時には激しい通り雨にも見舞われ、夏を感じます。

先日ご案内いたしました、まったく初めてバレエを学ぶ方のための入門10回コース 7月期の開講http://mbma.hateblo.jp/entry/2015/06/04/184402を目前に控え、メゾンでは、新しくバレエのレッスンに挑まれる方々をお迎えする準備が整いつつありす。

この「まったく初めてバレエを学ぶ方のための入門10回コース」は、その名のとおり「いままでクラシック・バレエをやったことがなく、生まれて初めて挑戦してみたい!」という方を対象に、無理なく段階を踏みながら、10回をかけてバレエのレッスンの初歩の初歩の部分を一通り理解していただけるようになっているコースです。

一方で、4月期を受講されていた方々にとっては、この入門コースの補講(明日6/30(火) 18:45-20:15が全4回の最終となります)が終了した後、どこのクラスに出るのが適しているか、いよいよ判断しなければならず、悩ましいところですよね。

せっかく始めたバレエのお稽古、「思ったよりも難しいものだ」と感じていらっしゃることでしょう。でも、「もう少し思うように踊れるようになったらさぞかし楽しいだろうなぁ…」ということに気付き始めるのが、入門コースを終えられるぐらいの段階なのではないかと思います。

才能やセンスや身体の条件と言ったもの…も確かに大きな要素となるクラシック・バレエですが、一番大切なのは、「とにかく続けてみること」です!

特に最初のうちは、ちょっとぐらい着いていけなくて凹もうが、仕事や育児で疲れていようが、何でもいいから週に1度、これと決めた曜日時間はレッスンに出る、という意思の強さが本当に必要です(もちろん、大人の受講者の方たちは様々なご事情を抱えていらっしゃいますので、メゾンからそのような強制はいたしません)

入門を卒業された方は、コースという縛りから解き放たれるため、週に一度、というペースを守り通す動機が弱くなり、ついつい「今日は疲れたからいいか」「今日はお天気悪いから」「今日は気分じゃないから…」と2週、3週休むうちに、「しばらくやってないし、もう着いて行けないかなぁ…」などと思うに至り、ついぞバレエから足が遠のいてしまうことしばしば。。。(本当にもったいないことです…)

とはいえ、思い切って出てみた上のクラスが思いのほか難しく、「だめだ」「怖い…」「とても続かない」と思うことも確かにあるものです。

そこで本日は、メゾンが入門の次に設定する「基礎準備」「基礎」といったレギュラー・クラスのうち、それぞれの特徴をまとめさせていただきたいと思います(レベル感として、入門コース修了された方にも出やすい順にまとめてあります)

毎週木曜日 12:15-13:45「基礎準備」クラス(担当:横山 薫 先生
木曜朝の入門コースに続いてある、入門修了者の方に無理のないレベルとして設定するクラスです。担当の先生が同じということもあり、木曜朝クラスを終えられた方は、だいたいこのクラスにチャレンジされているようです。

毎週火曜日 20:15-21:45「基礎」クラス(担当:奥田 さやか 先生茂田 絵美子 先生
こちらは、火曜夜の入門コースに続いてあるクラスで、木曜朝と同様に、担当の先生も同じなので、安心感があります。夜の時間帯は会社帰りの方などより色々なレベルの方がいらっしゃいますが、ベーシックな内容を中心に進んでいます。

毎週水曜日 15:00-16:30「基礎」クラス(担当:鈴木 規緒美 先生諸星 静子 先生
平日日中のクラスで、比較的人数も少なく、基礎クラスのなかでもかなりじっくりと基礎的な内容を行うことが多いクラスです。人数が少なめな分、個々人のレベルを配慮し、細かく見てもらえると評判です。

f:id:mbma:20150629231232j:plain

毎週土曜日 12:00-13:30「基礎」クラス(担当:茂田 絵美子 先生
こちらは、火曜夜の入門コースを修了され、「平日日中は無理だけどあまり夜遅くなるのもちょっと」という方々が比較的多く出られています。週末唯一のレギュラーの基礎クラスですので色々なレベルの方がいらっしゃいますが、入門コース火曜夜担当の茂田絵美子先生のレッスンということもあり、丁寧な説明と優しい雰囲気にファンの多いクラスです

毎週木曜日 14:00-15:30「基礎」クラス(担当:館野 若葉 先生
「基礎準備」クラスに続く枠のクラスということで、基礎的な内容を大切にしつつも、毎回新しいことにチャレンジする工夫がなされています。先生の明るいお人柄に助けられ、少々難しい内容が出てきても皆さん楽しく学ばれています。毎週「基礎準備」クラスとダブル受講されている方もいらっしゃるんですよ。

毎週金曜日 18:40-20:10「基礎」クラス(担当:グリゴリー・バリノフ 先生
メゾンで唯一、ロシアご出身で、新国立劇場バレヱ団で活躍されていたバリノフ先生のレギュラークラスです。先生の口癖は「基礎が大事」。ベーシックな動きを繰り返し身体に入れつつも、時に遊び心のあるアンシェヌマンなども取り入れ、先生のユーモアも効いた楽しい内容のクラスです。

毎週火曜日 10:30-12:00「基礎初級」クラス(担当:横山 薫 先生
基礎と初級の間程度の内容、という位置付けのクラスですので、初心者の方からレッスンに慣れたレベルの方までいらっしゃいますが、木曜日の「入門」クラスおよび「基礎準備」クラス担当の横山先生のクラスですので、「基礎準備」クラスに出られていて、「週にもう1日レッスンをしたい」という方が多く受講されています。基礎をじっくりと学びながら、時折チャレンジングな内容を取り入れたバランスの良いクラスです。

毎週月曜日 11:45-13:25「インナーを見つめ直すベーシック・バレエ」(担当:土田 さと子 先生
こちらは、通常のバレエのレッスンに加え、体幹というものを意識し、強化するワークやアドバイスが組み込まれた、レベル不問の100分間のクラスです。土田先生は一人一人の癖を素早く見抜き、適切な身体の使い方を助言して下さるので「目からウロコです!」という感動のお声を常に頂戴します。

毎週月曜日 18:45-20:15「基礎」クラス(担当:寺門 希和 先生
基礎クラスでありながら、ペースに比較的勢いがあり、巧妙なアンシェヌマンにもトライしてみるなど、チャレンジし甲斐のあるクラスです。また月の第1回目は「基礎+プチポアント」クラスと題して、ちょっとトウシューズにも挑戦しています。このクラスに着いていけるようになれば、初級クラスも難しくないレベルに近づいているでしょう。

f:id:mbma:20150629231718j:plain

いかがでしょうか?ひと口に基礎クラス、ベーシッククラス、といっても、実際は、講師のレッスンの運びや、参加されている方々のレベル感で、雰囲気が微妙に異なって参ります。そして、その点が、初参加する場合には結構重要な情報ですよね(分かります!!)

もしも気になるクラスがあれば、どうぞいつでも、事務局までご相談ください。最適なクラスをご案内いたします。

とはいえ、繰り返すようですが、一定のペースで続けること、そして、どのようなクラスに挑む場合にも大なり小なりのハードルがあり、ご本人が、それに慣れて超えるまで、止めてしまわない意思をお持ちになること、これがとても大切です。

メゾンでは、皆様が可能な限りスムーズにステップアップしていけるようお手伝いしますが、表参道駅で降りてメゾンまで来館される努力は、どうぞ皆様ご自身で継続されてくださいね!

明日のご来館も、心よりお待ち申し上げております。

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/)