読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 「現役医師による解剖学・コンディショニング講座」第2回は間もなく開催です!/「オープン3周年特別レッスン」に参加される会員様、特典エントリーをお忘れなく♪

特別クラスのご案内 レッスンの様子 キャンペーン

皆様こんにちは!牧阿佐美バレヱ団・橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局です。

今週は台風の接近が気になるものの、おおむね良いお天気が続きそうな予感ですね。メゾン3周年を祝福してくれているかのようです♪♪

さて、6月に初回を開催して大好評をいただきました「現役医師によるバレエダンサーのための解剖学・コンディショニング講座」。第1回のテーマは「引き上げのための解剖学」でした。

講師の足立清香先生は、関西をベースに広く活動されている現役のスポーツドクターで、この日は朝から大きなスーツケースを引いて颯爽と上京されました♪スーツケースの中身は、資料とモデルの等身大ガイコツ君と、その他講座で使用する小道具などなど。。。

華奢なお身体に似つかわしくなく、必要とあらば検査に使うポータブルのスキャン機器など、相当重いものもパワフルに持ち運ばれるのだそうです。

f:id:mbma:20160808213853j:plain

そんなバイタリティーあふれる足立先生の講座は、前半が講義形式、後半は実践形式となっており、講義では、ご自身が研究に基づき編集された貴重な42ページ分もの資料が参加者の皆さまに配布されました。

内容は専門家でない人にもわかりやすくかみ砕かれており、さらに実践を通じて体感することで個々人のお身体に落とし込んでいただけるよう工夫されています

f:id:mbma:20160808213832j:plain

例えば、「腹筋腹筋というけれど、実際にどこを意識することで、(それぞれ力の働く方向が異なる)腹筋のどの部分が使えるから、バランスをキープできるのです」、といった説明から、必要なのにアプローチしづらい深部の筋肉を効果的に緩めるストレッチ法など、「踊るために重心を取って立ち、その姿勢を保つ=引き上げ」に必要な知識とケアの方法を図解やガイコツ君を使いながら伝授していただきました。

講座の間中、参加者の方々からは「へぇ~、知らなかった!」「そうイメージすると分かり易いですね!」「だから今までこれができなかったんだぁ」といった感心と発見のため息が聞こえました。

今週末に開催される第2回目のお題は、「アンドゥオールのための解剖学」。バレエをする方なら、誰しも深い関心があるテーマですね。どんな切り口で説明していただけて、皆さんがどんな発見をされるのか、とても楽しみです。

講座の詳細はこちらのWebページ、またはこちらのご案内(PDFファイル)に記載がございます。残席少数ですので、ご興味おありの方はお早目に、ご来館、またはお電話(03-6418-4437)にてお申込みください!

そして、今週8/11(木・祝)を皮切りに、8/16(火)まで開催されます「オープン3周年特別レッスン」バレエを中心に全23クラスを、お盆期間中休みなく行います!

f:id:mbma:20160808215013j:plain

その23クラスについて、会員様には特典がございますので改めてアナウンスさせていただきます。

特典の内容は、「『オープン3周年特別レッスン』に参加される方で、受講時にエントリーされた方の中から抽選で30名様に『レッスン受講チケット』をプレゼントいたします」というものです。

この特典は、期間中のどのクラスでも(「現役医師による解剖学・コンディショニング講座」は対象外とさせていただきます)1エントリーしていただけて、当選された場合には、1クラスをフリーでお使いいただけるチケット(受講料が2,300円を超えるクラスについては差額で承ります。)を差し上げる、という内容で、たとえば、90分の基礎初級クラスと、30分のショートポアントクラスを受講される場合は2エントリーできますので、当選確率も上がります♪是非奮ってご応募ください!

この「オープン3周年記念特別レッスン」は、日ごろの感謝を込めまして通常よりもご料金をお得に設定しているほか、通常に増してピアノの生伴奏付きクラスが多くなっております

素敵な先生と生ピアノ。このお盆休みは暑さを忘れる優雅な空間で、ご自身のバレエを磨いてみませんか?

3周年特別クラスの詳細は、こちらのWebページ、およびこちらのご案内(PDFファイルの2ページ目)をご覧ください。

ご来館を心よりお待ち申し上げております。

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/