読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ バレヱ団の活動を少額からサポートしてみませんか?

皆様こんばんは!牧阿佐美バレヱ団橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局です。

先日、代官山にて開催されておりました『「現代のドガ」ロバート・ハインデルが描いたバレエ&ミュージカル アート展』に伺いました。バレエ好きの方なら一度は目にされたことがあると思いますが、ロバート・ハインデル氏は、「ダンサーの瞬間の美」を捉え続け、2005年に66歳の生涯を閉じるまで、英国ロイヤル・バレエ団をはじめとする世界有数のバレエ団や、かの有名なミュージカル作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー氏の招聘を受けて、ダンサー・俳優のレッスン風景やリハーサル風景にこだわって描き続けた画家です。

写実的なタッチから抽象的な表現に寄っているものまで、線と陰影の使い方が特徴的で、観る者の心を惹きつけて止みません。

<Ballerina/バレリーナ>

f:id:mbma:19990101120000j:plain

<Drawing for Opacity / ドローイング フォー オパシティ>

f:id:mbma:20161213172326j:plain

<Royal Ballet Student 1/ロイヤルバレエステューデント1>

f:id:mbma:20161213172530j:plain

今回は、バレエとミュージカルを主題とした60点以上の原画の展示と版画の販売を内容としていてとっても見ごたえがありました!

展示会は時折開催されており、メゾンでもフライヤー設置してご案内していますので、ご興味おありの方は足を運ばれてみてください♪

さて、早いもので12月も3週目に突入。今週末は、牧阿佐美バレヱ団の12月公演、「くるみ割り人形」が上演されます!楽しみに待ちわびていらっしゃる方、あと少しですよ!

公演の概要については、牧阿佐美バレヱ団オフィシャルサイト(http://www.ambt.jp/perform.html)および先日のブログ記事(http://mbma.hateblo.jp/entry/2016/11/25/215548)をご参照ください。また、バレヱ団の団員の方々が交替で書いているブログ ”Asami Maki Ballet Hot Line” (http://www.lightacorner.com/ambt/dancers-diary/) にも日々のリハーサルの様子が興味深く伝えられています。

今回は、プログラムを購入された方に、メインキャストのフォトカードや次回公演チケットが当たる抽選(http://www.lightacorner.com/ambt/2016/11/post-1510.php)などもあり、楽しみ倍増ですね!

チケットは18日が完売、17日の両公演とも残席が大変少なくなっているそうですので、観賞ご希望の方はどうぞ早急にお問合せください。
牧阿佐美バレヱ団公演事務局 Tel 03-3360-8251(10:00~18:00土日祝休)
牧阿佐美バレヱ団オフィシャルチケット https://ambt.tstar.jp/cart/events/8268
チケットぴあ Tel 0570-02-9999 Pコード:453-705 http://t.pia.jp/

メゾンご利用の方はメゾンの事務局でもお取次ぎしておりますので、ご来館時またはお電話(03-6418-4437)にてお申し付けくださいね。

さて本日は、このようなバレヱ団の活動に、「会場に足を運ぶだけでなく何か直接に協力したい」「バレエ芸術の普及促進に小さくてもいいから一役買いたい」と思っていらっしゃる方に、牧阿佐美バレヱ団をサポートする制度についてご案内申し上げます。

バレエ団のサポートなんてとてもとても…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の寄付の制度では10,000円からの支援が可能です。

寄付していただいたお気持ちは、牧阿佐美バレヱ団の作品の制作および上演、ならびにダンサーの育成のために活かされます。

舞台の上演には、豊富なレパートリーの維持(上演権の獲得・維持)、豪華な舞台装置と衣装の調達、一流の振付家、美術デザイナー、照明家、音楽家(プロデューサー、指揮者、オーケストラ)など多方面にわたる芸術家との協働、そして国内外の公演会場への移動費など、想像以上に多額の資金を要します。

そしてなんといっても、ダンサーの育成には、それこそ幼少期からの基礎訓練の繰り返しが根底にあり、さらに、多種多様な作品への出演を通じて、幅広い表現力・技術力を経験とともに養っていくという、大変に地道で時間のかかる過程が必要となります。

こうした努力の積み重ねによって成り立つ高品質の舞台芸術を、これからもより多くの方がより身近に楽しんでいけるために、活動を支える皆さまのお気持ちが不可欠です。

f:id:mbma:20161213174210j:plain

寄付をされた方への特典として、牧阿佐美バレヱ団主催のバレエ公演プログラムにお名前が掲載される(匿名も可能)ほか、公演チケットを割引で購入することができます。

<寄付額 (個人の方)>

  クリスタル

    10,000円

  ブロンズ

    30,000円

  シルバー

    50,000円

  ゴールド

  100,000円

  プラチナ

  200,000円以上

<応募方法>
① 申込書にご記入のうえ、ファックスかご郵送で牧阿佐美バレヱ団事務局にお送りください。
 〒164-0001 東京都中野区中野6-27-13(一般財団法人牧阿佐美バレヱ団)
 TEL: 03-3360-8251 FAX: 03-3360-8253
② 寄付金を下記口座にお振込みください。
 三菱東京UFJ銀行 中野駅前支店 普通 0302266
 一般財団法人牧阿佐美バレヱ団公演口 (申込書のお名前と振込人名義は同一でお願いいたします)

申込書はメゾン館内で差し上げておりますのでご希望の方はお申し付けください。または、牧阿佐美バレヱ団事務局(03-3360-8251)に直接お問合せください。

上記のほか、公益財団法人橘秋子記念財団向けの寄付制度もあり、こちらは主に、若手の育成機関 (日本ジュニアバレヱ牧阿佐美バレヱ塾ジャパン・ダンス・コンペティションなど) の活動に利用されます。従来の教育活動はもちろんのこと、今後、より若手が活躍できる機会が拡充されていく予定となっています。未来のダンサーたちの支援にご興味をお持ちの方は、こちらにお気持ちを活かしていただく選択肢もあります。

f:id:mbma:20161213174234j:plain

公益財団法人への寄付は税制上の優遇措置もあります。詳細は、橘秋子記念財団(TEL:03-3467-7065)までお問合せください。

バレエ愛好家の皆さま、是非、バレエ芸術を守り育てることを通じて、豊かな社会貢献をしてみませんか?

皆さまの温かいお気持ちを心よりお待ち申し上げております。

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/