MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 11/3(金・祝) 牧阿佐美バレヱ団特別公演「躍動」およびメゾン祝日特別レッスンのご案内♪

皆様こんばんは!牧阿佐美バレヱ団橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局 藤井です。

ハロウィンナイト、いかがお過ごしですか?🎃 木枯らし1号が吹き荒れた昨日に比べて、今日は穏やかな陽気となりました♪秋晴れは気持ちの良いものですね。でも、夜は冷えることが多いので油断は禁物です!

そして今週末は3連休!その初日、11/3は「文化の日」ですね。制定の目的は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことだそうです。祝日でお休みだと単に嬉しいものですが、時には意味を考えたり、その目的に適うよう行動してみるというのも興味深いものかもしれません(やったことないですけどね…)

この文化の日、当スタジオが公認を受けております牧阿佐美バレヱ団の特別公演が上演される予定となっております。タイトルは「躍動」

info.yomiuri.co.jp

バレヱ団としては貴重なガラ公演で、大手町のよみうりホールにて、11:30と15:30の2回公演で行われます(上演内容は両方とも同じです)。

https://info.yomiuri.co.jp/event/music/3073.html

予定されております演目は(お写真は主催のよみうりホールのページからお借りしたものです)、

◆ ヴァリアシオン・プール・カトル

f:id:mbma:20171031204610p:plain

◆ 《飛鳥 ASUKA》第1幕より竜剣の舞

f:id:mbma:20171031204637p:plain

◆ 《パリの炎》よりグラン・パ・ド・ドゥ

◆ 《ロメオとジュリエット》よりバルコニー・シーンのパ・ド・ドゥ

◆ サンサーンス《動物の謝肉祭》より「白鳥」(チェロ演奏:清瀧千晴)

◆ 《時の彼方に ア ビアント》より第2幕3場「白い部屋」

f:id:mbma:20171031204659p:plain

◆ コンスタンチア

f:id:mbma:20171031204712p:plain

と盛沢山☆牧阿佐美バレヱ団の舞台はよく観る方でもご覧になったことのない演目もあるのではないかと思います。

どれも魅力的ですが、注目すべきはサンサーンスの動物の謝肉祭より「白鳥」。バレエ作品としては「瀕死の白鳥」として知られるとても有名な曲ですね。そのチェロ演奏の清瀧千晴さんは、あの、バレヱ団プリンシパルの清瀧千晴さんです!メゾンの特別クラスでもお世話になっております!

バレエだけでなく楽器の演奏もお得意(ピアノもお上手なんですよ☆)なんて素晴らしい才能ですよね!ダンサーを演奏者として抜擢してしまう斬新な演出もステキです。

どのような公演になるのかとても楽しみです♪

そしてこの日、メゾンのクラスは通常の金曜日とは異なる特別レッスンを開催いたします。

f:id:mbma:20171031205130j:plain

11/3(金・祝) 祝日特別クラス
グリゴリー・バリノフ先生 「基礎初級」 「Balance and Shape
~男性のサポートを借りてバレエの正しいバランスと形を身体に染み込ませてみましょう~
笠井 裕子 先生 「基礎」 「
<苦手克服レッスン>グラン・ジャンプ」

11/3
(金・祝)

11:00-12:30

「基礎初級」(予約不要)

12:40-13:40

Balance and Shape ~男性のサポートを借りてバレエの正しいバランスと形を身体に染み込ませてみましょう~(バレエシューズ可*)(要予約)

クービック予約システムから予約する

内 容:

基礎を重視するバリノフ先生のクラスでは、毎回「必要な部分を正しく使って余計な力を抜く」ことを強調されます。
解剖学的にも、骨格・筋肉のバランスから見て正しい位置に正しい形を保って立てば身体は余計な力を必要とせずに均衡を取ることができます。その感覚を得るため、このクラスは男性のサポートを借りて正しい位置に立ち、その状態を保ったまま動いてみることを目的としています。
変に力んでしまったり、バランスがズレた形を取ると男性もサポートしづらいので、その場で修正してもらいながら正しい感覚を身体で感じていただけます。
難しいことはせず「感じる」クラスです。希少な機会で少数限定ですので是非ご参加ください!
*トウシューズを履いていた方が床との摩擦が少なくなりサポートを受け易いので、ポアント経験者の方はポアントをお持ちいただくことをお勧めしますが強制ではありません。

講 師:

グリゴリー・バリノフ 先生 (新国立劇場バレエ団)

定 員:

 Balance and Shape」 7名限定

受講料(税込)

「基礎初級」 (会員様) 2,300円/(ビジター様) 3,100円
「Balance and Shape」 (会員様) 3,200円/(ビジター様) 4,300円

 

13:50-15:20

「基 礎」(予約不要)

15:30-17:00

<苦手克服レッスン>グラン・ジャンプ」(要予約)

クービック予約システムから予約する

内 容:

基礎レベルから一歩発展したい方にとって、複雑になっていくセンターの動き、特に後半のアレグロやグラン・ジャンプは大きな壁と感じられることと思います。
「気持ちよく跳びたいけどステップが分からなくて余裕ないし、跳ぶタイミングやポールドブラとの関係などもうまくコーディネーションできない…」と思われている方のために、センターで出てくるグラン・ジャンプによく入っているパとアンシェヌマンを中心に、繰り返しやってみることで身体に染み込ませていくクラスを行います!
フルのバーレッスンを含みますので、しっかりウォームアップしてからジャンプの練習に移行していきましょう☆

講 師:

笠井 裕子 先生 (牧阿佐美バレヱ団)

定 員:

<苦手克服レッスン>グラン・ジャンプ」 20名限定

受講料(税込)

「基 礎」(会員様) 2,300円/(ビジター様) 3,100円
<苦手克服レッスン>グラン・ジャンプ」(会員様) 2,500円/(ビジター様) 3,400円

ご予約:

ご来館時、お電話(03-6418-4437)または上記予約ボタンよりWebサイト予約にてご予約ください。

午前中からは、グリゴリー・バリノフ 先生の特別クラス2つ。バリノフ先生は、毎週金曜日の夜に「基礎」クラスと「中級」クラスを担当していただいています。クラスの様子については、先日受講者の方から”お声”を頂戴したばかりです!

mbma.hateblo.jp

お茶目で魅力的なバリノフ先生は、長年にわたり新国立劇場バレエ団で活躍されてきた方で、ロシア仕込みの基礎重視のレッスンに加え、女性のサポートがとてもお上手です。

大人の方がバレエの「立つ」感覚を身に着けるのはとても難しいことですが、この日の2つ目のクラスは、サポートの手を借りて、正しいポジションと正しい形で、「“ココ”で立つんです!」というのを身体に覚えこませてくれるような内容です。

どうしても先生ご自身がその極意をお伝えになりたいとのご希望で、残念ながらアシスタントの先生が付かないため、7名限定で募集させていただき、現在キャンセル待ちとなっております。ウェイティングご希望の方は、ご来館時またはお電話(03-6418-4437)にてお申し付けくださいませ。

午後は笠井 裕子 先生のクラス。基礎クラスに引き続き、「グラン・ジャンプ」に特化した苦手克服レッスンを開催いたします!

基礎クラスを受講されている方は、「バーは慣れたけどセンターがどうも苦手で。。。」と、センターワークに苦労されていることが多いですよね。そりゃそうです、バーという支えにして方向性の指標となるものを失った状態で、的確に重心移動しながらより大きく動くのですから、とても難しいのです。

けれど、多くの方が迷うのは、まずは動きの種類。ステップの種類、つなぎの種類、出るタイミングの種類。。。そうした「典型的なアンシェヌマンを整理して教えてもらえれば、少し違うのかも!」と思われませんか?

今回のクラスでは、「グラン・ジャンプ」によく出てくるステップのパターンをご紹介しながら、混乱のポイントを整理してきます

クラスに出たからといって明日からグラン・ジャンプは何でもできる、とはなりませんが、今まで右往左往するしかなかった足の運びがわかるようになったり、出のタイミングでつっかえてしまってその後全部が崩壊。。。という状況は、少しでも打開できることと思います!

こちらはまだご予約可能ですので、どうぞ奮ってご参加くださいね!

ご予約は、ご来館時、お電話(03-6418-4437)、またはWebサイト予約クービック予約システムから予約するをご利用ください。

バレヱ団公演は2回ありますので、上手に時間を読んで移動されれば、レッスンして公演も観れてしまう充実した「文化の日」になること間違いなしです!

文化の日の皆さまのご来館も、心よりお待ち申し上げております。

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/