読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

1/26(日)竹下陽子先生の日曜特別クラス開催のご案内

皆様お疲れ様です! MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)事務局です。

東京地方は晴天で始まった本日、午後は曇り、夜から雨、深夜には雪との予報です。先般の雪の予報は予報に終わりましたが、本日もそこまでの冷え込みとはなっていない模様…明日以降の通勤通学、通スタ(?)のためにも、どうにか回避されるといいですね。。。

さて、先日のブログ記事(http://mbma.hateblo.jp/entry/2014/01/17/234002)でご案内を差し上げましたように、1月以降も特別クラスやワークショップ満載のメゾンですが、本日は、来たる1/26(日)の「バー・アスティエ入門」第2回(11:00-12:15の後に予定されております、竹下陽子先生(牧阿佐美バレヱ団)の日曜特別クラスについてご案内を差し上げます。

1/26()  12:30-14:00 竹下陽子先生 日曜特別クラス(基礎初級) (予約不要)
講 師: 竹下陽子先生(牧阿佐美バレヱ団)
受講料: 会員様 2,300円 / ビジター様 3,100

     14:00-14:45 竹下陽子先生 日曜特別クラス(ポアント基礎) (予約不要)
講 師: 竹下陽子先生(牧阿佐美バレヱ団)
受講料: 会員様 1,500円 / ビジター様 2,000

f:id:mbma:20140114192012j:plain

竹下先生は3歳からバレエを始め、三谷恭三バレエスクール、橘バレヱ学校、日本ジュニアバレエ、AMステューデンツで学びました。15歳でスカラシップによりパリへ留学し、元パリオペラ座ダンサー、アットリオ・ラビス、ジェニファー・グッペらに師事しました。

フランスのルシエンヌ・ランブル・コンクールで第3位、カン・コンクールで銅メダルを受賞したのち、牧阿佐美バレヱ団に入団しました。

団の公演では、眠れる森の美女」のフロリナ王女、宝石、歌い鳥の精、「くるみ割り人形」の棒キャンディー、チャイナ、「白鳥の湖」の小さな四羽、パ・ド・カトル、「ジゼル」のペザントなど、主要なソリストパートを務めました。恵まれたお身体から繰り出される美しいアラベスクや正確でキレのある動きに心を奪われた方もいらっしゃると思います。

また一方で、牧阿佐美バレエ団系列のバレエ教室やバレエ学校、その他のバレエ教室においてバレエの指導経験も重ね、現在はご自身の主宰するクラスもお持ちで、大人の初心者の方々にも人気です。

メゾンの会員様のなかにも、竹下先生のクラスを受けたことがある方がいらっしゃり、こんな感想をお寄せくださいました。
「竹下先生はまず、あの恵まれたスタイルと柔軟性で、お見本が素敵でウットリしてしまいます。
最初に出たレッスンでは上手な方が多く固定メンバーだったので、そのためか結構難しい内容で、色んな事をテンポよく流れる様に進めていた感じでした。でも牧のメソッドに沿った複雑なパを組み合わせたレッスンは楽しくてあっという間にレッスンが終わり、とても充実感がありました
アドバイスのレベルが高く、なるほど!目からうろこ!という事が多くて勉強になりました。特に体の向きや顔の使い方には厳しかったです。
その後、初心者のクラスにも出ましたがそのときは易しめで、ピルエットは回らずに1/4回転で立つだけ、とか、ポアントも殆どバーに捕まってやり、センターではアラベスクで立つだけなどのベーシックな内容で、その分個別によく見ていただけた感じです。
美人なのにとても気さくで優しい竹下先生のご性格も魅力的です。メゾンで教えられる際にも、きっと皆さん好きになられるのではと思います。私も楽しみです!」

お綺麗で気さくでレベルの高いレッスン、楽しみです!どうぞお時間ありましたら、竹下先生のメゾン・デビューのレッスンにお越しください!

今回は、このレッスン開催が決定してから当日までに時間があまりなかったこともあり、ご予約制としておりませんが、受講される場合は念のためお早目にご来館ください

日曜お昼のレッスンでお待ちしております。

MBMA
事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/)