読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 金曜日13:00-14:00の「ピラティス」のクラスは、今月いっぱい「身体の引上げ」をテーマに行っています♪

皆様こんばんは!牧阿佐美バレヱ団・橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局です。

少し前の当ブログ記事(http://mbma.hateblo.jp/entry/2015/06/03/205229)で、メゾンの「ボディーワークス」のクラスについてご紹介しました。

その一つ、「ピラティス」のクラスは、週に2回、火曜日の12:00-13:00(担当講師:吉田真由美先生)と金曜日の13:00-14:00(担当講師:平尾千英先生(6/26まで)本多眞梨先生(7/3より))に行っております。

クラスは、いずれもクラシック・バレエのバックグラウンドを持つ有資格者の講師により小人数制で進行しており、個々の受講者の方のその日のコンディションや、身体を使ううえでのお悩みなどを最初に伺い、60分間のメニューを考えていきます

金曜日のクラスを担当しております平尾千英先生が今月いっぱいまで(-6/26)となり、来月(7/3-)からは、昨年末まで担当して下さっていた本多眞梨先生が復帰されます。

あと数回のクラスのなかで、受講者の方の要望に応え、伝えられる限りのことを伝えたいという平尾先生のご意向から、今月いっぱいのクラスについては、「身体を引き上げるって何?」という、クラシック・バレエを踊る方なら誰もが気付き、強化したいテーマを設けていただきました。

「引上げ、引上げっていうけれど、一体どこの筋肉をどのような状態で使っていることを言うの…?」「そもそも引上げって何のために必要なの…?」と、思ったことはありませんか?

キホン的なようでいてとても難しい、解剖学的な説明では理解できても、なかなか体感できない、この厄介な「引上げ」。

その疑問をピラティス的なアプローチで解消し、理解を深めるまたとないチャンスです!

もちろん、踊る方以外のご参加も大歓迎です。重力に逆らって上に上に筋肉を使うことができれば、足腰への負担を劇的に減らし、老化防止にもつながります。きっと有意義な60分間になることでしょう。

ご予約は不要、ご受講料は、会員様 2,200円/ビジター様 3,000円、
ピラティス会員の方は、チケット1回分の消化でお受けいただけます。

ご来館、心よりお待ちしております♪

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/