読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆「舞台上での所作と演技のための特別クラス(全2回)」のご案内

クラス紹介

皆様こんばんは!MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山事務局です。

日本列島ほぼ全域、とうとう梅雨入りしてしまいましたね(北海道と小笠原諸島には梅雨が無いそうですが)。。。

梅雨というと、シトシトと長雨が降り続ける印象ですが、本日はかなり激しく降っています。地域により冠水などの被害も出ており、都心部も道路に大きな水たまりができているところがありますので、どうぞ外を歩くときはお気を付けください。

さて本日は、新しい特別クラスのご案内です。その名も、「舞台上での所作と演技のための特別クラス(全2回)」

バレエを習っていて、晴れて舞台を踏む機会を得た方、リハーサルを重ねるうちに少しずつ踊りも上達し、お衣装も決まり、メイクはプロの先生にやってもらえるからバッチリ。準備万端です!!

…と行きたいところですが、そこには意外な落とし穴が。

舞台に出る=衣装を着けてメイクをして踊る、だけではないのですよね。。。

踊っていない部分も、舞台に出ている間はずっと舞台人であることを意識して、お客様に現実味のあるしぐさを見せてはなりません。ですから、バレエの歩く、走る、挨拶をする、会話や演技、などには、すべてお約束があります。

特に幕ものなのでは、主役やソリストの踊りを盛り上げたり場面の雰囲気を作ったりするお芝居も必要になります。写真は来週6/14(土)および6/15(日)に本番が予定されている牧阿佐美バレヱ団のドン・キホーテ(詳細はこちらのブログ記事をご覧ください→http://mbma.hateblo.jp/entry/2014/05/02/215508 http://mbma.hateblo.jp/entry/2014/06/03/215850)のワンシーンですが、こうした大勢が舞台上に上がっているときには、それぞれの役がそれぞれ相応しい演技をしてこそ、舞台がよりリアリティを増すのです。一人でもお芝居の仕方がわからなくて右往左往していたり恥ずかしがったりしていては、せっかくの雰囲気を壊してしまうので、身のこなしを体得しておくことはとても大切になります。

f:id:mbma:20140606191250p:plain

しかし現実には、限られたリハーサルのなかで、そういった「踊る以外の部分」の所作や演技まで練習する時間がなかなかなく、また先生に質問して「自然に演技すればいいのよ」「足を前に出すように走るんですよ」などのアドバイスを受けても、なかなかすぐに、不自然でなくできるものでもありません。

そこでMAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)では、そうした「舞台さばき」に重点を置いた特別クラスを2回のシリーズで開催いたします!

以下、概要です。                 

舞台上での所作と演技のための特別クラス(全2回)
< 第 1 回 >
日 時: 2014年7月6日(日) 12:30-14:30 (120分)
内 容:
 最初30-40分間フルのバー・レッスン後、
・舞台での歩き方 (貴族のステップと平民のステップの違いは?)
・走り去り方 (走って去らない役もある?)
・レヴェランス (通常のレヴェランスのパターンとキャラクターのレヴェランス)
・座り方 (ポアントのときとキャラクターシューズのとき)
・話す演技 (貴族の場合と平民の場合の上半身の使い方)
 などを中心に舞台上での所作と演技を学びます。
< 第 2 回 >
日 時: 2014年7月27日(日) 12:30-14:30 (120分)
内 容:
 最初30-40分間フルのバー・レッスン後、
マズルカステップ、バランセ、カブリオール&ブレイクなど貴族やキャラクター特有のステップの習得
・扇子の使い方
 などを中心に舞台上での所作と演技を学びます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
対 象: 舞台で踊る機会があり、踊り部分以外の所作を習得したい方、またはそれに興味がある方(レベル不問)
講 師: 諸星 静子 先生 (牧阿佐美バレヱ団/橘バレヱ学校教師)
受講料:
(1回受講) 会員様 3,600円 / ビジター様 4,800円
(2回受講) 会員様 6,700円 / ビジター様 9,100円
申込方法: ご来館、またはお電話 (03-6418-4437) にてお申込みください。

詳細はこちら(PDFファイル)もご覧ください。

予約制となっておりますので、お早目にご来館またはお電話(03-6418-4437)でご予約ください。

舞台に挑戦される皆様はもちろんのことながら、舞台に立つ機会はなくても、客席からの目線を意識した身のこなしを学ぶことはバレエの上達に必ずプラスの経験になりますので、ご興味がおありの方は、是非この機会にご受講ください。

意欲あふれる方々のお越しを、心よりお待ち申し上げております。

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/)