読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 米澤真弓先生特別クラスは今度の日曜日です♪

特別クラスのご案内

皆様こんばんは!MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)事務局です。

週末に桜が満開となった東京地方、本日も暖かい月曜日でした。今のうちにお花見を堪能しておきたいものですね。

さて、桜がもつかなぁ~という次の週末、メゾンでは一層華やかな現役ソリストの方をお迎えした特別クラスがございます!

先生のお名前は、米澤真弓さん。牧阿佐美バレヱ団の公演ではほぼ100%、ソロのパートで活躍されています。スリムなお身体から繰り出される素早い動きとテクニックの正確さ、それでいて美しいご容姿とあいまった可憐な表現力、すべてにおいてとても魅力的なダンサーさんです。

f:id:mbma:20150330200613j:plain

この特別クラスは2クラスの構成で、1つめが12:15-13:45の「基礎初級」クラス2つめが13:50-15:30の100分間で行う、「ヴァリエーション入門」クラスです。

おなじみ基礎初級クラスでは、90分間を通じてベーシックめのバーからセンターまでをしっかり行っていきます。しかしここは特別クラスですから、普段の先生方とは少し趣向の異なる振りが入ってきたり、違う視点からのアドバイスがあるかもしれません!先生のお手本も格別に美しく、きっと沢山のヒントをもらえるクラスになるに違いありませんよ!

そして2クラス目の「ヴァリエーション入門」クラスでは、今回は、「眠れる森の美女」より「銀の精」をテーマに行っていただきます。

米澤真弓先生ご自身が、舞台で何度も演じられている「銀の精」は、アレグロの多い宝石のヴァリエーションのなかでも特にキラキラした可愛らしい踊りです。

なにせ動きが速いので、「難しそう~」という印象をお持ちの方が多いと思います。確かに難しいのですが、よくよく振りを見ると、ピケ、パッセ、ルルヴェ、アラベスク、アンボアッテ、クペ、アッサンブレ、といった、基本的なパの組み合わせです。しかも、回転などが入っていないので、ゆっくり練習すれば、振りという意味ではそれほど技術的な難所がありません。

クラスでは、この銀の精の振りをイチから移していき、100分間を掛けて繰り返しパートを練習しながら、最後には通して踊る、というところまでを目指します。

ご参考までに、この動画をご覧下さい(英国ロイヤルバレエのラウラ・モーレア(Laura Morea)さん演じる「銀の精」です。)

どうでしょう、可愛い踊りですね!!パーツパーツで見ていると、踊れそうな気がしてきませんか?

完璧に踊れなくても、普段のレッスンで練習するパを丁寧に繋ぐことを考えて挑戦してみましょう。練習の段階では音の速度もペースに合わせて調整可能ですので、「速さについていけないかも!」という心配も要りません。

何よりも、現役ソリストの先生の身体の使い方や音の取り方などを間近で見るだけでも勉強になると思います。

今回は、「基礎初級」クラスおよび「ヴァリエーション入門」クラスとも予約制となっておりますので、ご興味おありの方は、ご来館時、またはお電話(03-6418-4437)にてご連絡ください。以下、詳細です。

4/5(日) 米澤真弓先生(牧阿佐美バレヱ団ソリスト)日曜特別クラス
12:15-13:45 「基礎初級」(要予約)
講 師:米澤 真弓 先生(牧阿佐美バレヱ団ソリスト)
受講料:会員様 2,300円 / ビジター様 3,100円

13:50-15:30(100分)「ヴァリエーション入門(眠れる森の美女より「銀の精」)」(要予約)
内 容:牧阿佐美バレヱ団の現役ソリストの先生から、先生の舞台での十八番、「眠れる森の美女」より「銀の精」のヴァリエーションを学びます。
アレグロの動きを伴うヴァリエーションですが、音楽の速度を少し落としたり、振り付けを工夫していただきながら、「振り写し~通して踊ることまで」を目指します。
*時間の関係上、こちらのクラスにはバーレッスンを含みません。12:15~のクラスを受講いただくか、ご自身で十分にアップしてからご参加ください。
*バレエシューズ、トウシューズいずれでもご参加いただけます。
対 象:基礎クラス程度以上の方

講 師:米澤 真弓 先生(牧阿佐美バレヱ団ソリスト)
受講料:会員様 2,600円 / ビジター様 3,500円

ご予約は、ご来館、またはお電話(03-6418-4437)にてお申込みください。

「銀の精」はヴァリエーションクラスのテーマとしても珍しいので、きっとまたとない経験になると思います。

ご参加、お待ち申し上げております♪

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/