MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 牧阿佐美バレヱ団6月公演「ドン・キホーテ」♪

皆様こんにちは!牧阿佐美バレヱ団橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局です。

5月も本日で終わりです。GWに始まり、おおむね暑くて湿度の高い日の多かった1ヵ月でしたが、ご体調の変化など感じていらっしゃいませんでしょうか?

梅雨入りも間近。憂鬱な気持ちになりますが、レイングッズをお気に入りに新調するなど、楽しく過ごせる工夫ができると良いですね♪

さて、6月のお楽しみは、牧阿佐美バレヱ団6月公演「ドン・キホーテ上演です♪

f:id:mbma:20170531222935j:plain

今回は、6/10(土)および6/11(日)の2日間、2公演です。キャスティングに特徴があり、初日はベテラン揃い、2日目は初役デビューの方が多くなっています♡

初日の主役は、キトリが青山季可さんバジルに菊地研さ。2日目の主役は、キトリに阿部裕恵さんバジルが清瀧千晴さんです。阿部裕恵さん以外の方々はプリンシパルとしてあまりにもお馴染みで、メゾンの特別クラス講師も務めてくださっていますので、知らない方はいらっしゃらないですね!

阿部裕恵さんは、橘バレヱ学校仙台教室から新国立劇場バレエ研修所を経て牧阿佐美バレヱ団に入団されたばかりの注目株です。

f:id:mbma:20170531223655j:plain

渋谷区富ヶ谷に本校があり青山校はメゾンのスタジオ内で開催されている橘バレヱ学校、「仙台にもあったの?」と驚かれた方がいらっしゃいますか?

橘バレヱ学校仙台教室は、橘バレヱ学校初の分校として40年弱もの長い歴史があり、橘秋帆 (牧阿佐美) 先生と三谷恭三先生が校長を務められています。

メゾンでお世話になっている諸星静子先生横山薫先生も主要な講師メンバーでいらっしゃるのですが、「毎週のようにメゾンでお会いするけど一体いつ仙台にいらしているの?!?!」と思ってしまいますよね(数日のうちに交替で行ったり来たりされていて、先生方は本当にご多忙です…)。

そうした恵まれた環境から沢山のプロフェッショナルが排出されており、メゾン講師のでは三宅里奈先生もご出身です。また、若手団員の村川梢子さん阿部千尋さん山本ありささん(いずれも橘バレヱ学校青山校にてアシスタントを務められています)なども仙台校育ちで、確かな技術力で団の即戦力となられていますよ♪

仙台教室はつい先日、5/7に発表会を終えたところで、その時の様子を阿部千尋さんがバレヱ団のブログで紹介されていました。
http://www.lightacorner.com/ambt/2017/05/post-1582.php

そちらからお写真をお借りしてご紹介しますと、左から、阿部千尋さん村川梢子さん山本ありささん(今回教室を卒業)、そして阿部裕恵さんです。仲良しメンバーですね!

f:id:mbma:20170531224626j:plain

ちなみに、阿部千尋さん阿部裕恵さんのお姉さま☆今回は裕恵さんの日に1幕のキトリの友人にキャスティングされ、姉妹揃って大抜擢です!とても似ていらっしゃるフレッシュなお二人がどのような息の合った演技をされるかにも注目したいですね!

上記二枚目のお写真は、今回初発表会に出られた、阿部さん姉妹のさらに小さい妹さんとのスリーショットだそうですよ。仲良しの可愛らしいお嬢さんたちですね♡

団公演のキャストの詳細は下記をご覧ください。いつものことながら、メゾンでお世話になっている先生のお名前がいっぱいです!

 

2017年6月10日(土)
15:00

2017年6月11日(日)
14:30

キトリ

青山 季可

阿部 裕恵

バジル

菊地 研

清瀧 千晴

ドン・キホーテ

保坂アントン慶

サンチョ・パンサ

細野 生

橋本 哲至

街の踊り子

日髙 有梨

中川 郁

キトリの友人(1幕)

織山 万梨子  米澤 真弓

阿部 千尋  須谷 まきこ

エスパーダ

ラグワスレン・オトゴンニャム

菊地研

ガマーシュ

今 勇也

メルセデス

三宅 里奈

茂田 絵美子

ジプシーの首領

塚田 渉

ラグワスレン・オトゴンニャム

ジプシーの女

田切 眞純美

髙橋 万由梨

森の女王

茂田 絵美子

佐藤 かんな

キューピッド

太田 朱音

米澤 真弓

キトリの友人(3幕)

織山 万梨子  米澤 真弓

日髙 有梨  中川 郁

ボレロ

岡本 麻由  塚田 渉

塩澤 奈々  ラグワスレン・オトゴンニャム

ほか 牧阿佐美バレヱ団
※ 2017年5月22日現在
※  やむを得ない事情により出演者等に変更がある場合があります

ドン・キホーテのストーリーについては、過去ブログ記事をどうぞ☆
http://mbma.hateblo.jp/entry/2014/05/02/215508

本番直前のバレヱ団での日々のリハーサルの様子については、団員の方々が交替で記事を担当されているAsami Maki Ballet Hotlineをご覧ください。豊富な写真含め、白熱したリハーサルの様子が伝わってきます!

それでは、公演概要です。

ドン・キホーテ (Don Quijote)

物語の舞台となる明るく情熱的なスペインの雰囲気と、クラシックバレエにおける超絶技巧を存分に堪能できる「ドン・キホーテ」は、世界中で上演されている人気演目のひとつ。主役カップルの駆け引きや、ドン・キホーテの従者サンチョ・パンサ、主役キトリが無理やり結婚させられそうになるガマーシュなどの、ユーモアたっぷりの演技も見逃せません。

日 時:

2017
 6月10日(土)15:00
 6月11日(日)14:30

  <全2回公演>  約2時間35分(休憩2回含む)

会 場:

文京シビックホール 大ホール

指 揮:

デヴィッド・ガルフォース

演 奏:

東京オーケストラMIRAI

演出・振付:

アザーリ・M・プリセツキー
ワレンティーナ・サーヴィナ(プティパ、ゴルスキー版に基づく)

作 曲:

レオン・ミンクス

美術・装置:

川口直次

衣 装:

川口弘子

総監督:

三谷恭三

主 催:

一般財団法人 牧阿佐美バレヱ団

共 催:

文京シビックホール(公益財団法人 文京アカデミー)

後 援:

一般社団法人 日本バレエ団連盟

チケット料金:
(税込)

S席10,800円、A席8,000円、B席5,000円
S席ペア20,000円 A席ペア15,000円 B席ペア9,500円 (ペア席は2階席限定)
※当日券のみ学生割引があります(お席は選べません。要学生証提示)
 A席4,000円 B席2,500円

チケット取扱:

・牧阿佐美バレヱ団公演事務局(電話・WEB) ご購入はこちら>>
・シビックチケット、シビックホールメンバーズ、チケットぴあ、楽天チケット

チケットは上記の他、メゾン店頭でも会員様価格にてお申込みいただけます。現時点で、2日目はS席A席とも完売に近い状態との情報が入っております。席種、枚数によってはご相談可能な場合がありますのでお問合せください。

f:id:mbma:20170531232004j:plain

なお、今回も公演会場ではオリジナルグッズが販売されるそうで、「牧阿佐美バレヱ団オリジナルジャージ」「ドン・キホーテ」デザインの「クリアファイル(A4サイズ)」だそうですよ☆http://www.lightacorner.com/ambt/2017/05/post-1592.php

どちらも数量限定、この公演会場でしか入手できませんので、牧ファンの方々はお見逃しなく!

スパニッシュの熱い舞台を観て、梅雨の蒸し暑さなど吹き飛ばしてしまいませんか?

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/