読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAISON DE BALLET Minami-Aoyamaのブログ

MAISON DE BALLET Minami-Aoyama (メゾン・ドゥ・バレエ南青山) の事務局より、日々のスタジオ情報をお届けします♪

☆ 11/23(月・祝)は2つの特別クラスを行います♪

特別クラスのご案内 レッスンの様子

皆様こんばんは!牧阿佐美バレヱ団・橘バレヱ学校公認「MAISON DE BALLET Minami-Aoyama(メゾン・ドゥ・バレエ南青山)」事務局です。

蒸し暑い雨から一転ポカポカ陽気、そして底冷えのしそうな夜と、気温差・湿度差の激しい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。こうめまぐるしく環境が変わると、体調を崩しがちですね。内臓だけでなく筋肉の疲労も溜まります。

その影響でか、事務局スタッフもつい数日前、よもやギックリ腰か?という腰の違和感に見舞われ、横になるのも座っているのも一苦労だったのですが、それを劇的に改善してくれたグッズがありました!

それは、先週土曜日より4回限定で特別クラスを行っております「フォームローラー(ストレッチ用ポール)」です。

f:id:mbma:20151022172505j:plain

まずは縦に置き、その上に背骨を合わせるようにゆっくりと寝て(とにかく痛みがあるので寝るのも大変です)、両手を横に広げてしばらくジーっとしているだけで、腰を含む背中全体の緊張がほぐれてきます。背中にはバレエの引き上げも助ける細かい筋肉がありますが、細かいものの沢山あるので、これらが重力や姿勢の悪さ等により機能が弱まると与える影響が大きいのです。

ゆるめたところで、今度はローラーに対して垂直に乗り(横乗り)、腰痛の原因と感じていたお尻の側面の筋肉に当てて、最初は(深部に届けるような感覚で)ゆっくりと圧を掛け、次に(麺棒で伸すような要領で)しつこくローリングしました。硬くなっている筋肉には最初かなり痛いのですが、徐々に痛みも取れ、腰もずっと楽になりました。

本来であれば整体や整形外科の受診を考えたい症状があっても、時間の余裕がないこともありますよね。もちろん、不調の原因や深刻度にもよるのですが、こうしたシンプルなセルフ整体で、症状がここまで改善されたのは予想以上でしたので、クラスの宣伝という意図を超えて、是非皆様にシェアしたいと思ったのです。

フォームローラーのクラスは、こちらのブログ記事のとおりあと3回行います。1回目に出られた方々からはとても好評でしたので、ご興味がある方は是非ご予約ください。

さて、今週末は3連休ですね!土曜日は通常クラス(夜のクラスは、通常の吉岡まな美先生のレッスンに代わり、保坂アントン慶先生による「初級」クラスと「アダージオ入門」クラスとなります)、日曜日は休館日、そして祝日の11/23月曜日は、2つの特別クラスを予定しております♪

1つ目は、毎週月曜日、11:45-13:25の100分間で行っております、土田さと子先生の「インナーを見つめ直すベーシック・バレエ」のクラスです。

このクラス、「普通のバレエのレッスンですか?」「ボディーワークですか?」とよく聞かれるのですが、ご回答は「普通ではないバレエのレッスンです。」

普通でない点は2つ。まず、最初にマットなどを使って体幹を強化するワークが10分程度含まれること。腹筋、背筋などに効果のあるクササイズを行います。

そして、土田さと子先生の個々人の身体に対する洞察力がハンパないことです!例えば、怪我などの既往歴のある方が受講されていると、動きのバランスの悪さから、過去にどんな症状が出たかなど、かなりズバリと見抜かれます。

実は、ギックリ腰寸前の事務局スタッフも、その状態になる前日にさと子先生のクラスを受けていて、普段よりも腰が不調であることを指摘されていたのです💦

そして、そういう使い方の癖の改善を見据えながら、細かいアドバイスを下さいます。

ご自身のお身体の状態を見つめ直してみるためにも、このクラス、とてもオススメです!

11/23
(月・祝)

 

11:00-12:40
(100分)

 

土田さと子先生の「インナーを見つめ直すベーシック・バレエ」

祝日特別クラス(予約不要)

内 容:

 

毎週月曜日、11:45-13:25のレギュラークラスを祝日特別クラスとして開催いたします。
踊 る身体に不可欠な体幹部の使い方にフォーカスしつつ、動きの再教育を目的とした「身体を緩めること」と「強化すること」に役立つエクササイズを取り入れな がら、バーレッスンおよびセンターワークまで行っていきます。身体に負担の掛からない、そして身体の癖が出ない踊り方の習得を大切にしますので、怪我をし たり、踊った後に身体の痛みが出たりしやすい方や、体力や年齢に不安のある方にも、無理なくバレエのレベルアップを目指していただけるクラスです。

 

レベル:

 

不 問(身体の弱点を分析したり、体幹部を強化したりすることを主な目的としていますので、初心者から経験者まで幅広く受講いただけますが、レッスン内容はだいたい基礎初級レベルとお考えください。)

 

講 師:

 

土田 さと子 先生(牧阿佐美バレヱ団)

 

受講料:

 

会員様 2,600円(10回前納チケットをお持ちの方はお使いいただけます)/ビジター様 3,500円

そして13時からは、11/8(日)に第1回を行いました「バレエ・ブラン 群舞体験講習会」の第2回、「ジゼル2幕より」抜粋してコールドの練習を行います。

1回目の白鳥の群舞体験では、諸星静子先生の分かり易いご指導のもと、皆様本当によく揃えて踊れるようになりました。その様子は、こちらのブログ記事をご覧くださいね!

f:id:mbma:20151108161907j:plain

2回目の内容は、現在の予定では、ウィリ達の出のシーンで2人1組で踊る部分と、この群舞の代名詞とも言えるアラベスクでの上下交差の部分、そして、ジゼルを追って森にやってきたヒラリオンを踊り狂わせるシーンなどからの抜粋を考えています。

どれも是非、やってみたいですよね! 第2回、第3回とも残り数席となっておりますので、ご興味おありの方は、ご来館時、またはお電話(03-6418-4437)にてご予約をお願いいたします。

バレエ・ブラン 群舞体験講習会 (全3回)

11/23(月・祝)
12/  6(
日)


13:00-15:00

 

第2回 「ジゼル」より
第3回 「ラ・シルフィード」より
(各回とも要予約。単発受講可)

 
 

内 容:

 

通常のバーレッスンの後、作品から群舞の基礎を学びます。
題材は、三大バレエ・ブランと言われる「白鳥の湖」「ジゼル」「ラ・シルフィード」より、それぞれ印象的な群舞のシーンの抜粋となります。
憧れの白鳥たちの登場シーン(通称ステテコ)やウィリたちのアラベスクでの交差などに挑戦しながら、コール・ド・バレエを踊るときに必要な要素や心構えを習得しましょう。

 

対 象:

 

基礎レベル以上で、バレエ・ブランの作品に出てくる印象的なシーンの動きを通じて、コール・ド・バレエを体験してみたい方。同じ動きの繰り返しが多いので、振りを覚えられるか心配な方でも挑戦していただくことができます(ポアント・バレエシューズいずれでも受講可)。

 

講 師:

 

諸星 静子 先生 (牧阿佐美バレヱ団/橘バレヱ学校)

 

受講料:

 

各 会員様 3,300円 / ビジター様 4,500円

 

ご予約:

 

ご来館、またはお電話(03-6418-4437)にてお申込みください。
恐れ入りますが、当日キャンセルのみ受講料の100%を申し受けます。
詳細は、こちらのご案内(PDFファイル)もご覧下さい。

連休中のご来館も、心よりお待ち申し上げております♪

 

MBMA事務局(スタジオWebサイト:http://mbma.jp/